• イベント
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス
  • 入試情報
  • 就職情報
  • メディア

調理総合本科🍝イタリアンのコース(前編)

2019.07.08

皆様、こんにちは

いつもDAICHOのブログをご覧いただきありがとうございます😆

 

 

皆様早速ですが、

イタリアンのコースの構成は知っていますか

実はフレンチとイタリアンとでは

コースのメニュー構成が少し変わるんです

 

今回はイタリアンのメニュー構成を一緒に見ていきましょう👀

①Aperitivo:アペリティーヴォ(食前酒)

②Antipasto:アンティパスト(前菜)

③Primo piatto:プリモ・ピアット(スープ、パスタ、リゾットなど)

④Secondo piatto:セコンド・ピアット(魚、肉料理)

⑤Contorno:コントルノ(付け合わせ)

⑥Dolce:ドルチェ(デザート)

⑦Caffe:カッフェ(コーヒー)

⑧digestivo:ディジェスティーヴォ(食後酒)

 

以上が基本的なイタリアンのコースになります🍽

今日と明日で調理総合本科の学生は、

前菜、パスタ、肉料理、デザート を実習でして

コースの流れを体で覚えていきます✊

 

 

今回は前編

前菜とパスタの実習の風景をお見せします⭐

 

 

 

メニューは

前菜は🥗リグーリア風サラダ

パスタは🍝茸のスパゲッティ です

 

 

リグーリアとはイタリアの北西部の州で、

イタリア語で「海岸」や「川岸」の様な「岸」という意味です🌊

ジェノヴェーゼというパスタの種類はご存知ですか

バジルを使ったパスタの名前ですが、このパスタを生み出したのも

ジェノヴァという街があるリグーリア州なんです🍃

 

パスタは茸とクリームのパスタ🍄

4種類もの茸をたくさん使い、その中には日本ではめったに見られない茸の種類もあります

学生たちは見たこともない食材に興味深々です👀✨

 

 

今回学生には

それぞれ1人一皿ずつ盛ってもらいます

なぜなら、コース料理を提供するという

自分の中での構成を決めてもらいたいからです👏

盛り付けによっては季節を表せたり、デザインを表せたりします😲

1人1人個性があるので、それを大きく出してもらいます!!

 

 

調理2年生には基礎をもとにして、

高度な技術を付ける実習を行っています😎

それができるのは

1年目に基礎基本を、毎日の実習で繰り返し覚えるからできることなんです

 

 

 

明日は、肉料理とデザートの実習をします!!

一体何を作るのかな…!?

明日の後編もお楽しみに⭐

 


【大阪調理製菓専門学校】
〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町3-1-15

【大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA】
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-4

大阪の 調理 製菓 カフェ 専門学校

【お問い合わせ】

0120-235-233