TOP > DAICHOの強み > 設備・キャンパス

設備・キャンパス[DAICHO CAMPUS]

設備・キャンパス[DAICHO CAMPUS]

舞台はプロ現場そのもの 感動的なキャンパス

舞台はプロ現場そのもの 感動的なキャンパス

プロの現場さながらの施設で、腕を磨く

広々とした大阪調理製菓専門学校のキャンパス内には、実践的な学びを行うための施設が多数存在します。そのどれもが、本物のレストランやパティスリー、カフェ同等の機器を設置。プロと同じ設備で実習を繰り返し行うことで、現場で働く際の動き方や調理機器の使い方をカラダで覚え即戦力として活躍することができるのです。

さらに、教室や実習室にも最新設備を導入。効率良くプロとしての技術と知識を身につけられます。

施設紹介

La santé(調理技術研究施設)

クラッシックな内装に、フレンチレストランと同等の調理器具が揃うDAICHO自慢の調理技術研究施設。広々としたオープンキッチンでは、西洋料理の調理や接客の全てを学ぶことができます。

舞台はプロ現場そのもの 感動的なキャンパス

Salon de Apprendre.
(Cafeトレーニングルーム)

円形のオープンキッチンを備えた、開放感あふれるCaféトレーニングルーム。ここでは、一般のお客様を相手に「実演CAFÉトレーニング」を行います。本物の店舗のような教室で、実践的に技術を習得できます。

360度パノラマで見る
Salon de Apprendre.(Cafeトレーニングルーム)

Café de L´atelier(Shopトレーニングルーム)

調理スペースに、ショーウインドーや接客カウンターを併設したトレーニングルーム。ここでは、スイーツやパンを販売する「実演SHOPトレーニング」などを実施。毎回、たくさんのお客様がご来店されます。

Café de L´atelier(Shopトレーニングルーム)

Stage de La Cuisine(階段教室)

通称「階段教室」と呼ばれるこの施設には大型モニターが2台設置されており、どの座席からも調理する先生の手元をはっきりと確認できます。授業のほかテレビ撮影などの行事にも使われます。

360度パノラマで見る
Stage de La Cuisine(階段教室)

marche(製菓実習室)

レンガが印象的な製菓実習施設。ブーランジュリーなどで使われているものと同じタイプの大型オーブンを4台設置。プロの現場さながらに各種パンや焼き菓子をつくる技術を磨くことができます。

marche(製菓実習室)

日本料理実習室「健」

竹林や石畳などが配置されたエントランスから入ると、そこには和モダンな雰囲気あふれる日本料亭さながらの実習室が広がります。奥に設けられたカウンターでは、実践的な和食を学ぶことができます。

日本料理実習室「健」

Escoffier(西洋料理実習室)

まるでオシャレなカフェテリアのような内装の実習室。広い厨房には、実店舗でも使用する調理器具を取り揃えています。ここで実践的な学びを積み上げて、現場でもすぐに活躍できる技術や感覚を学びます。

Escoffier(西洋料理実習室)

Tienda(Shop Caféトレーニング)

地下1階にあるショップ&カフェトレーニングルーム。ここでは一般のお客様を相手に「実演SHOPトレーニング」「実演CAFÉトレーニング」などを実施。製菓や製パン、接客販売のテクニックを実践的に身につけます。

360度パノラマで見る
Tienda(Shop Caféトレーニング)

Comedor(階段教室)

実演を見ながら、調理や製菓について学べる教室。階段状に配置された座席のどこからでも先生方の手元が見えるように、プロジェクターと4台のモニターを設置。専門知識を深め、プロとしての視野を広げます。

Comedor(階段教室)