入学総合案内 0120-235-233お問い合わせ
  • イベント
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス
  • 入試情報
  • 就職情報
  • メディア

白米主食の日本人が考えたパンがある!?

2020.07.28

みなさま、こんにちは

いつもDAICHOのブログをご覧いただきありがとうございます😆

 

 

 

DAICHOの製菓の実習では、

洋菓子はもちろん学びますが

実は!!

それだけではございません!!

 

 

なんと…

製パン和菓子

毎日実習のカリキュラムに入っています😲

 

 

今回は製パン実習で行われたチェックテスト

「あんパン」「カレーパン」

実習の様子を見せちゃいます👀

↓↓↓↓

 

 

 

そもそも、「あんパン」とは・・・

1875(明治8)年4月4日に

明治天皇が水戸邸の下屋敷を訪れた際に

「和菓子ではなく、日本製のパンを出したらどうだろうか🤔」と話が出て、

木村屋の木村安兵衛さんが「あんパン」を出したのが始まりでした🗾

当時は日本を代表する花である

🌸八重桜の塩漬け🌸を入れた桜あんぱんが開発され、

そして今でも

4月4日は「あんパンの日」とされています😲

 

 

一方「カレーパン」の起源はいろいろありますが、

洋食が普及しつつある頃、

あらゆる業者が同時並行的に

日本的洋食メニューを工夫していて生まれたものです!!

西洋のパン🍞にインドのカレー🍛を入れるという

ビックリするようなアイディアは

日本人以外思いつかなかったようで、

日本オリジナルの料理とも言えます⭐

 

 

この2品での

包餡がチェックテスト項目になっています😎

具がちゃんと真ん中に来るように

出来ているかが審査の基準になります👆

 

 

ただ包餡するだけでなく、

まずは班で生地を作り発酵させ

餡も作り、丁寧に仕上げます😊

 

 

焼きあがったものを先生の所に持っていき

先生が半分に切って採点していきます🖊

そして良かった点も含め、これから注意すべき点など

技術向上につながるアドバイス

一人一人にしていきます😏

 

 

 

料理、製菓にも歴史はあります😃

その料理が生まれた国や由来などを知識も含め

技術をしっかりと学べるのはDAICHOだけ!!

卒業生の私が言うぐらいなので、

間違いないですよ😝


【大阪調理製菓専門学校】
〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町3-1-15

【大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA】
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-4

大阪の 調理 製菓 カフェ 専門学校

【お問い合わせ】

0120-235-233