• イベント
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス
  • 入試情報
  • 就職情報
  • メディア

一流料理人のオリジナルメニューを体験

2021.08.02

本日は、なんと、

公邸料理人の外園圭太シェフのオリジナルメニューの調理を間近で見させていただきました。

公邸料理人とは・・・
海外で展開する日本の在外公館(日本国大使館・日本国領事館など)の公館長公邸で働く料理人で、食の外交官とも呼ばれております‼︎

外園シェフによりますと、ひとつのコース内に日本料理、フレンチを同時に提供することもあるそうです。調理の基礎がしっかり備わり、様々な経験をされたからこそできることですね。

今回作っていただいたのは、

公邸料理人外園シェフオリジナルオマール海老を使った一皿です。

丸型にマカロニを敷き詰めていき、真ん中の空洞部分にオマール海老をワインや野菜で煮詰めたホワイトソースを入れ、卵を泡立てたソースをかけ、バーナーで炙って完成です‼︎

『これからは、既存のレシピを忠実に再現する力も大切ですが、新たな形、組み合わせの料理をつくる力が必要になります。』と世界で活躍されるシェフの視点のお話もしていただきました。

この一品に学生も挑戦しました。マカロニを均等に切り、隙間なく敷き詰めるなど繊細な作業も多かったのですが、外園シェフ直々の指導のもと、ご覧の通り、綺麗に仕上がりました!

外園シェフは単身で海外へ渡り、修行を積み現在のお仕事をされています。新しい場所へ探究心を持って飛び込み、勉強すること、それが料理人の引き出しの多さに直結するのだなと改めて実感した1日でした。

大調では毎日実習で多くの食材に触れ、その度に新たな発見、学びがあります。このような普段会いたくても会えないような一流シェフに教えていただける機会もその一つで、調理に参加した本校の学生も前のめりになって熱心に聞き入っておりました。


【大阪調理製菓専門学校】
〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町3-1-15

【大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA】
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-4

大阪の 調理 製菓 カフェ 専門学校

【お問い合わせ】

0120-235-233