• イベント
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス
  • 入試情報
  • 就職情報
  • メディア

乳、卵、小麦粉を使わないお菓子とは??【食物アレルギー対応レシピコンテスト】

2019.11.07

いつもDAICHOのブログをご覧いただき

ありがとうございます。

先日、製菓総合本科2年目の学生による

プレゼンテーションが行われました‼

今回はそちらに密着取材してきました 😎 

プレゼンテーションのテーマは

【食物アレルギー対応レシピコンテスト】です

 

今回なんと‼大豆製品の大手食品メーカー

『株式会社 旭松食品』様と連携させていただきました

 

今回はレシピを考えるにあたって

学生には3つの条件が与えられました

1.卵、乳、小麦を使わない事。

2.旭松食品様の『高野豆腐粉』を使用すること。

3.こども園での提供を考え、食べやすいこと

の条件のもと学生は試作を繰り返していました

 

ですが、なぜ卵、乳、小麦粉を使わないことが条件なのでしょう??

 

近頃、お子様に限らず食物アレルギーを持った方が増えてきています。

その中でも3大アレルギーと呼ばれているのが「卵、乳、小麦」です

なのでそれを除いたお菓子を作ることが条件です。

 

 

ですが、なんと‼

この3つともお菓子作りには欠かせない材料なのです 😯 

 

 

では学生は一体どんなレシピを考案したのでしょう??

まずは全チームのお菓子を紹介していきます。

 

 

 

エントリーNO.1 「バナナカップケーキ」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・卵→バナナ

・小麦粉→高野豆腐粉、上新粉

 

 

エントリーNO.2  「豆腐チュロス」

【代用食品】

・卵→絹豆腐

・小麦粉→高野豆腐粉

 

 

エントリーNO.3 「さつまいもと大豆の和風たると」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→高野豆腐粉、米粉

 

 

エントリーNO.4 「かぼちゃのプリンタルト」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→高野豆腐粉、米粉

・卵→さつまいもペースト

 

 

 

エントリーNO.5 「ポルボロン」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→米粉

 

 

エントリーNO.6 「さつまいものモンブラン」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→米粉

・卵→豆乳

 

 

エントリーNO.7 「カップdeレアチーズ風ムース」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→米粉

・卵→豆乳

・生クリーム→豆乳ホイップ

・チーズ→豆乳ヨーグルト+レモン

 

 

エントリーNO.8 「豆乳パフェ」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→米粉

 

 

エントリーNO.9 「4種のスノーボール」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→米粉

・卵→ココナッツミルク

 

 

エントリーNO.10 「マロランタン」

【代用食品】

・バター→ショートニング

・小麦粉→米粉

・卵→マロンペースト

以上10品がエントリーしました。どれも美味しそうですね~ 😛 

 

 

そして、学生は考えたレシピについて審査員にプレゼンテーションをします。

プレゼンテーションの内容も様々で

代用食品についてのこだわりを語るチーム

もあれば、そのお菓子の製作秘話を語るグループもあり

それぞれの個性が出たプレゼンでした。

 

 

沢山の審査員を前にしても

皆さん堂々と自分たちの考えたお菓子について

熱いスピーチをしていました

そして、審査員の中には

大阪ユネスコ協会の会長様にも来ていただきました‼

ゲストが豪華すぎます 😯 

審査員から数々の質問が飛び交いますが

難なく質問に答えていく学生の姿かっこよかったです 😳 

 

そして全10チームのプレゼンが終了し審査に入ります。

「味、見た目、独創性、

代替え食品の発想力、プレゼンテーション力」

が審査項目になります。

審査を待つ時間は何とも言い難い時間が流れます。 😐 

そして審査が終わり表彰です。

それぞれの審査員の方にも講評を頂き、いよいよ結果発表です。

全10チームの中から最優秀賞に選ばれたのは・・・・

 

 

エントリーNO.4「かぼちゃのプリンタルト」です‼

最後に皆さんで記念撮影を行い終了しました

そして今回選ばれた「かぼちゃのプリンタルト」

DAICHOと提携しているすこやか認定こども園

12月に実際に提供されることが決定しました‼

 

 

 

 

ここでアレルギーレシピコンテストは終了になりますが

DAICHO生の研鑽の日々は終わりません

このプレゼンテーションを通して

練習したのに本番が上手くいかなかったり悔しい思いをした

学生もいる事でしょう。

それはこの日のために何度も試作し、失敗したその過程があるからこそです。

DAICHOの学びをイメージできましたでしょうか?

毎日作る実習を行い、それを実際にお客様に提供できるレベルなのか試す

実践トレーニングを通じて現場ですぐに活躍できる人材を育成しています。

 

DAICHOの学びをもっと詳しく知りたいと思った方は

一度オープンキャンパスで体験実習を通じて

DAICHOの授業を体験してみましょう‼

👇お申し込みは下記URLから👇

https://www.daicho.ac.jp/opencampus-info/

 

 

 


【大阪調理製菓専門学校】
〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町3-1-15

【大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA】
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-4

大阪の 調理 製菓 カフェ 専門学校

【お問い合わせ】

0120-235-233