• facebook
  • twitter
  • line
  • youtube
入学総合案内 0120-235-233
学費・奨学金・生活サポート学費・奨学金・生活サポート

高等教育の修学支援新制度New Learning Support System for Higher Education

高等教育の修学支援新制度とは?

2020年4月から国の新しい修学支援制度がスタートします。世帯収入により「給付型奨学金」「授業料の免除または減額」の2つの支援が受けられます。DAICHOは、この制度の対象校になりました。家庭の経済事情に左右されず学べるチャンスを掴めます。

対象となる学校

この制度は、どの専門学校でも対象になる訳ではありません。教育機関として「学問の追究」と「実践的な教育」のバランスがとれているかどうか、そして「適正な経営」など質の高い水準を満たしている学校が対象です。DAICHOはその全ての条件をクリアし、都道府県に認められ修学支援新制度の対象校として認定されました。安心して、調理・製菓の技術・知識を学べる学校です。

※専門学校は全体の62%のみ認められています。(2019年12月20日現在)
DAICHOが高等教育の修学支援新制度の対象校に選ばれる理由
  • 選ばれる理由01

    実務経験のある教員

    全学科7割以上がプロの現場にて豊富な経験を持つ教員による授業。高度な技術と生きた知識を学ぶことができます。

  • 選ばれる理由02

    適正な成績管理

    試験やレポートにより学修成果を適正に評価します。

支援対象となる学生

  • 世帯収入の条件を満たしている

    住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯。
    年収・家族構成等により、支援額が変わります。

  • 学校で学ぶ意欲のある学生である

    高校等の成績だけでは判断せず、レポートなどで学修意欲を評価します。

※既卒生であっても、高校等を卒業後2年間までに大学等に入学を認められ進学し、過去に本制度の支援処置を受けたことがない方も対象となります。

支援の金額上限

給付型奨学金の支援を受けられる世帯年収の目安と支援額(年額)

世帯年収 自宅通学 自宅外通学
第I区分 271万円以下
(住民税非課税世代)
459,600円 909,600円
第II区分 272万円~303万円 307,200円 607,200円
第III区分 304万円~378万円 153,600円 303,600円
※表中の年収目安は、本人・親・中学生の4人世帯の場合ですが、世帯構成等により数字は異なるためあくまでも目安です。
※日本学生支援機構貸与奨学金との併用も可能です(ただし、第一種奨学金の貸与月額は制限されます)。
※給付型奨学金の対象となる方は「授業料等減免」の対象となります。

支援金額の例

支援を受ける学生が「第Ⅰ区分」で「自宅外通学」の場合の支援額

項目 学科 入学金減免額(総額) 授業料減免額(総額) 給付型奨学金(総額) 入学金・授業料の減免+給付型奨学金
大阪調理製菓専門学校
大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA
調理師科 160,000円 590,000円 909,600円 1,659,600円
調理総合本科 160,000円 1,180,000円 1,819,200円 3,159,200円
製菓衛生師科 160,000円 590,000円 1,819,200円 1,659,600円
製菓総合本科 160,000円 1,180,000円 1,819,200円 3,159,200円

自分が対象となるか、日本学生支援機構のサイトで調べてみよう!

申請方法とスケジュール

※最新のスケジュールはJASSOのサイトで確認してください。
※授業料等の減免は、卒業までの在学期間に還付する形で支給されます。(入学前の入学金・諸経費・第1回学費などのご準備は必要になりますのでご注意ください)

リンク

最新情報や詳細な情報は下記ウェブページより、ご確認ください。