Wライセンスシステム 2つの国家資格を取得できるDAICHO独自のシステム

DAICHOには、毎年、幅広い年齢層の方が入学されます。
短大卒の方から、60歳代の方まで。新たなステップを踏みだす方をサポートするべく、キャリアクラスが誕生しました。

教育訓練給付制度最大112万円給付(返還義務なし)

DAICHOのすべての学科が、教育訓練給付制度の指定を受けています。教育訓練給付制度とは、働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、給付金が支給されます。

毎日実習がある贅沢な環境で、プロを目指す。

DAICHOの最大の特徴は、毎日実習があること。
料理、お菓子というものは、頭で理解することも大切ですが、最終的には自らが「つくる」という工程の中でしか習得できません。正しい知識や理論を知っているだけでは、最高の料理はつくれません。温度や香り、触感など五感を使いながら着実に自分のものにしてきます。
実習量こそが質の高い技術に結びつきます。
現場のことを知り尽くした一流講師陣が、確実に皆さまをプロの料理人・パティシエへと導きます。

キャリアクラス独自の学び

  • 京の和菓子を学ぶ京の和菓子を学ぶ
  • 茶道を学ぶ茶道を学ぶ
  • 生産者と連携生産者と連携
  • ソムリエ授業ソムリエ授業
  • マネジメントマネジメント
  • 器づくり体験器づくり体験

既卒入学 在校生の声

江川 和希

Wライセンスシステム

短期大学 → DAICHO
DAICHOに入学したきっかけを教えてください。

DAICHOに入学する前は栄養士の資格が取れる短期大学に通っていました。在学中に調理師免許を取得すれば、もっと自分の活躍の場が広がるのではと感じ、まずはオープンキャンパスに参加しました。

入学の決め手は何でしたか?

入学を決めたのは、やはり「毎日実習」があったから。短期大学でも調理実習はありましたが週に1回しかなかったので調理の技術が身についている感じはしませんでした。
「毎日実習」があるDAICHOなら調理技術も確実に身につきますし、毎日食材に触れるので食材の知識も増えると感じました。
他校も比較してみましたが、生き生きとした学生の雰囲気や先生が近い距離で真剣に教えてくれる点が魅力に感じてDAICHOを選びましたね。入学を決めたのは、やはり「毎日実習」があったから。短期大学でも調理実習はありましたが週に1回しかなかったので調理の技術が身についている感じはしませんでした。
「毎日実習」があるDAICHOなら調理技術も確実に身につきますし、毎日食材に触れるので食材の知識も増えると感じました。
他校も比較してみましたが、生き生きとした学生の雰囲気や先生が近い距離で真剣に教えてくれる点が魅力に感じてDAICHOを選びましたね。

入学して良かったと感じることは何ですか?

DAICHOは先生との距離が近いので分からないことがあれば質問がしやすいですし、どんな質問に対しても真剣に答えてくれる環境で学べたことですね。また、普段の授業の他にショップやカフェ、バンケットシミュレーション(大量調理)などの実践授業があるのですが、この授業は本当に勉強になりました。
現場さながらの環境はもちろん、実際にお客様に提供するので売れる商品のクオリティや適切なサービス、徹底した衛生管理など就職してから必要な知識・技術を在学中から磨けました。

今後、進学を検討される既卒者にメッセージをお願いします。

私は既卒なので、高校卒業後に入学してきた学生たちと馴染めるかなと入学前は不安でした。でも、入学して毎日実習を行ったり一緒に授業を受けていくうちにクラスの皆と仲良くなるので既卒の方も心配せずに進学できると思います。製菓や調理の夢を諦めず、基礎をしっかり学んでこの道で活躍してください。

炭谷 洸貴

製菓総合本科 パティシエ専攻

社会人 → DAICHO
DAICHOに入学したきっかけを教えてください。

社会人として働いていたのですが、もともとつくることが好きで「自分の本当にやりたいことを学び仕事にしたい!」と思い製菓の道に進むことを決めました。DAICHOにまず資料請求をし、実際にオープンキャンパスにも参加しましたね。

入学の決め手は何でしたか?

何校か資料請求を行い、オープンキャンパスに参加して見比べました。その中でも、DAICHOは校舎が綺麗でショップやカフェ専用の実習室があることや、ビュッフェを運営できる技術研究施設「La sant é」などの施設が充実しているのが魅力的でした。また、先生との距離も近く入学しても質問しやすい環境だろうなと感じたのと、他校と比べて実践的な授業が豊富なのも決め手でした。

入学して良かったと感じることは何ですか?

毎日実習があるので、知識・技術を自身で体感して学べる点ですね。私は不器用なので、毎日実習を繰り返し着実に技術をみがいていく方が向いていると考えていました。毎日実習がなければもっと技術面でつまずいていたと思います。
また、企業と連携した実践実習SWEETS BOX(駅中ショップ)販売の経験も印象的です。学校を超えて一般のお客様にスイーツを販売したのですが、商品開発やロスをいかに無くすかなど就職してから役立つ知識を学べましたね。このような授業は、他校にないと思いますね。

今後、進学を検討される既卒者にメッセージをお願いします。

年下の学生が多く戸惑われるかもしれませんが、最初のうちだけです。クラスには自分以外にも既卒生はいますし、すぐに馴染めます。就職して学業から離れていた私も、充実した学校生活を過ごせているので安心して自分の夢を追いかけてください。