卒業生の声

DAICHOで多くの技術と知識を身に付け、見事夢をつかんだ先輩たち。
そんな卒業生たちの活躍や声をレポートしました。

山本 篤史
美味しいのは当たり前。
一皿ひと皿に驚きと感動を散りばめたい。

伊豆・修善寺にある森と渓流に囲まれた隠れ家的オーベルジュ「リュミエール アルカナイズ」。山本さんは、こちらのお店の支配人兼料理長。食材調達やメニュー開発、レストランのサービスまで気を配り、日々お客様に心地よい空間づくりを行っています。

DAICHO時代を教えてください。
DAICHOで一番心に残っているのは、大調祭ですね。DAICHOの卒業料理創作展で、誰もが真剣に取り組んでいました。料理を自分で考案し、学校の先生をはじめ内定をいただいたホテルのシェフからもアドバイスをいただき、納得いくものが完成しました。多くの人に助けていただき、この経験のお陰で私も常に感謝の気持ちを意識するようになりました。

今後の目標を教えてください。
今後の目標は、自分のレストランをオープンさせること。その実現の為に、経営面の勉強やこだわりの食材開拓を行う毎日です。

古藤 和豊
私の生涯の目標は、
中国料理に新しい歴史を刻むこと。

緑あふれる敷地にたたずむ「翠園」。こちらで腕をふるう古藤さんは、知る人ぞ知る名調理師。中国料理世界大会の日本代表として金賞に耀くほか、個人デザート部門金賞受賞。その他、数々のコンクールでグランプリを総なめにし、今や「大阪で中国料理を食べるなら古藤さんのところへ」と熱烈なファンが足繁く通います。

DAICHO時代を教えてください。
DAICHO時代は、「食材により多く触れようと」思い、誰よりも積極的に実習に取り組みました。その経験があったから、人に頼らず甘えず、自分の力で考え行動するチカラが身に付きましたね。

今後の目標を教えてください。
私の夢は”4001年目の中国料理をつくること”。中国料理に新しい歴史を刻みたいですね。人生における壮大な目標を掲げていますが、とはいえ自分が満足できる料理を生み出すのはなかなか難しいもの。日々修行です。

鈴木 博龍
新しい仕事を覚える瞬間が
いちばん楽しく、刺激的。

大阪・北新地の高級料亭「うかむ瀬」。旬の食材を贅沢に使い、丹精込めてつくり上げた料理の数々はまさに一品揃い。こちらで腕を磨くのが、調理師科出身の鈴木さん。現在は焼き鳥と先付けなど、さまざまな盛り付けを担当しています。

DAICHO時代を教えてください。
子供の頃から日本料理が大好きで、「いつかこの仕事に就きたい!」と思っていました。DAICHOでは、一つひとつの実習に真剣に取り組み、現場感を体で覚えました。基礎から応用までをしっかり身に付けた為、職場では日々の持ち場だけでなく、まかない作りもスムーズにこなせます。

今後の目標を教えてください。
夢は、大阪で修行した後に実家のお店を継ぐこと。固定概念にとらわれず、さまざまな視点で発想できる日本料理人になれるよう、日々技術を磨いています。

山田 昭範
これまでも、これからも
パテイシエとして前進あるのみ。 

元日本料理人という異色の経歴を持つ山田さん。パティシエに転身後、10年間の修行を重ね、2005年に「ル・パティシエ ヤマダ」をオープン。念願のオーナーパティシエになって約10年、今では地元でこよなく愛され、メディアでも取り上げら得る人気店に成長しました。

DAICHO時代を教えてください。
DAICHO時代に現場出身の先生から多くのことを教わりました。プロの現場に出た今だからこそ分かることや役立つことがたくさんありますね。また、卒業後何年経ってもDAICHOを訪れた時に温かく迎えてくださるのも嬉しいですね。

今後の目標を教えてください。
お菓子を通じて、「お客様を笑顔にすることが一番の使命」。パティスリーには、自分が100%納得できるお菓子しか出さないようにしています。小さな工程でも手間を惜しまず、最高の味を追求し、今後もお客様を笑顔にしていきたいですね。

鈴江 篤
お客様の「おいしい」の笑顔が、
どんな時でも支えてくれる。

閑静な住宅街に位置する「ア・ビアント 箕面店」はブーランジェリーとビストロが融合した人気店。広々とした店内には、常時約80種類のパンが並び、なかでもハード系のパンが美味しいと評判のお店。鈴江さんは、その日の気温や湿度に合わせ火加減を瞬時に計算しお客様焼き上げていきます。

DAICHO時代を教えてください。
DAICHOでは、基礎から応用まで幅広くパン作りを学びました。その経験が仕事のあらゆる場面で役立っています。とにかく毎日が実習で、同じ夢を追いかける仲間と励ましあったり、熱く語ったり親友と呼べる仲間と出会えたのも大きな財産ですね。就職に関しては、学校と先生の就職サポートのおかげで、憧れのお店で働くことが出来ました。

今後の目標を教えてください。
僕の夢は、実家の近くにお店を開くこと。その為に、休日は有名ブーランジェリーの食べ歩きを行い、ライバル店の味をチェックしています。パンが本当に大好きなので、もっともっと腕を磨きたいですね。

坂野 琴美
結婚式に新しい魅力を提案できる
パティシエに成長したい。

海岸に面し、3つのチャペルと9つのパーティー会場を有する国内最大級のウエディングリゾート「ラヴィマーナ神戸」。提供される料理やスイーツもハイレベルです。坂野さんは、ウエディングケーキづくりから調理の盛り付けまで幅広い仕事を担当しています。

DAICHO時代を教えてください。
DAICHOでは、製菓衛生師と調理師2つの資格を目指すWライセンスシステムを利用していました。2つの経験があるからこそ、現在料理から製菓分野まで幅広く仕事を出来ています。また、先生たちのきめ細やかな指導や実践授業は、すべてが的確だったと改めて実感しています。美しさもスピードも求められる現場で、改めて実習のありがたさを感じますね。

今後の目標を教えてください。
発想力にも磨きをかけて、自分から素敵なプランを提供できるパティシエに成長したいと考えています。お客様にとって結婚式は一世一代の大イベント。私の提案で結婚式に新たな魅力を加えたいですね。